最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

夫婦という病 (河出文庫)

  • 21 読みたい
  • 95 現在読んでいるもの

発行元 本田りえ .

    Download 夫婦という病 (河出文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 夫婦という病 (河出文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 夫婦という病 (河出文庫) 無料で, 本の無料読書 夫婦という病 (河出文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 夫婦という病 (河出文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  岡田尊司
    • レーベル:  河出文庫
    • シリーズ名:  夫婦という病
    • 発売日:  2018年04月13日
    • 出版社:  河出書房新社
    • 商品番号:  4915124720001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「顔を合わせるとケンカ」「一緒にいたくない」「夜が怖い」「本当は別れたい」「不倫中だが迷っている」「子どものことを考えると」「熟年離婚したい」……

    夫との暮らしが限界だと感じている妻にも、妻の拒否やイライラに苦しむ夫にも。

    長年「家族」を見つめてきた精神科医が最前線の治療現場から贈る、結婚を人生の墓場にしないための傷んだ愛の処方箋。

あなたも好きかもしれません

夫婦という病 (河出文庫) by 本田りえ ダウンロード PDF EPUB F2

岡田さんの本を読んできましたが、個人の体験談が多いので、果たして、それが、一般的な話に結び付けられるのかどうかが問題と思いますね。
凄い本を書かれていますが、レビューでも、小説になっているという批判があります。
私も岡田さんの本をほとんど、読みましたが、小説家している感じがしますね。
大事なのは、ケーススタディであり、そこから、何か、大事なものを教訓として、得ることが大事だと思いますね。
もっと、中立性や客観性が欲しいですね。
あと、ネタが切れてきていると思いますね。
これだけ、本を書いたら、ネタは、切れますよ。