最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

国家の存亡 「平成の開国」が日本を亡ぼす (PHP新書)

  • 72 読みたい
  • 22 現在読んでいるもの

発行元 中野剛志 .

    Download 国家の存亡 「平成の開国」が日本を亡ぼす (PHP新書) 本 Epub や Pdf 無料, 国家の存亡 「平成の開国」が日本を亡ぼす (PHP新書), オンラインで書籍をダウンロードする 国家の存亡 「平成の開国」が日本を亡ぼす (PHP新書) 無料で, 本の無料読書 国家の存亡 「平成の開国」が日本を亡ぼす (PHP新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 国家の存亡 「平成の開国」が日本を亡ぼす (PHP新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  関岡英之
    • レーベル:  PHP新書
    • 発売日:  2014年04月18日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000001429
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    国論を二分するほどのTPP(環太平洋経済連携協定)参加問題。「日本はバスに乗り遅れるな」とマスコミは喧伝し、経済界もメリットは大きいと旗を振る。しかし、日本の市場は、本当に閉ざされているのだろうか。こうした議論もないまま進められるTPP推進論。農業問題だけがクローズアップされているが、医療、投資、労働、金融など、国のかたちを変えるほどの大問題なのだ。果たして、国民は24の幅広い分野で検討されていることを知っているだろうか。事実上、TPPは日米間取引であり、推進の裏には、米国の国家戦略が垣間見える。さらに、その先には中国の陰も見え隠れする。たとえば、日本の民有林(7割、国有林3割)を外国人バイヤーが買うことを手放しで受け入れていいのか。水の確保や安全保障上、重大な問題を孕んでいることが指摘されている。国の存亡にかかわることだけに、国民はそのことを十分知る必要がある。

あなたも好きかもしれません

国家の存亡 「平成の開国」が日本を亡ぼす (PHP新書) by 中野剛志 ダウンロード PDF EPUB F2