最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

臨床瑣談

  • 75 読みたい
  • 96 現在読んでいるもの

発行元 中井久夫 .

    Download 臨床瑣談 本 Epub や Pdf 無料, 臨床瑣談, オンラインで書籍をダウンロードする 臨床瑣談 無料で, 本の無料読書 臨床瑣談オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 臨床瑣談 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  中井久夫
    • シリーズ名:  臨床瑣談
    • 発売日:  2013年04月19日
    • 出版社:  みすず書房
    • 商品番号:  4912066140001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「〈臨床瑣談〉とは、臨床経験で味わったちょっとした物語というほどの意味である。今のところ、主に精神科以外のことを書こうとしている」本書は、精神科医としての長年の経験をとおして、専門非専門にかかわりなく、日本の医学や病院やその周辺について「これだけは伝えておきたい」という姿勢で書かれている。多方向からの視線ではあるが、病名を告知された患者側ができる有効なことは何かに主眼がある。「現代は容赦なく病名を告知する時代である。告知の時代には、告知しただけの医師の覚悟も必要であり、また、告知された患者も茫然たる傍観者ではなく、積極的に何かを行ないたいだろう。患者もその家族、知己も、いつまでも手をつくねてドアの外で待つだけの存在では済むまい」院内感染を防ぐには患者側はどうすればよいか。脳梗塞の昏睡患者を前にして家族にできることとは。さらにガンを持つ人の日々の過ごし方について、「丸山ワクチン」についてーー。その実用的な助言は、現代医療批判でもあり、自然回復力の大切さと有限性も視野に入れながら、医学の可能性と限界をくっきりと映しだしている。

あなたも好きかもしれません

臨床瑣談 by 中井久夫 ダウンロード PDF EPUB F2