最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

ロジスティクス4.0 (日本経済新聞出版)

  • 83 読みたい
  • 31 現在読んでいるもの

発行元 石川和幸 .

    Download ロジスティクス4.0 (日本経済新聞出版) 本 Epub や Pdf 無料, ロジスティクス4.0 (日本経済新聞出版), オンラインで書籍をダウンロードする ロジスティクス4.0 (日本経済新聞出版) 無料で, 本の無料読書 ロジスティクス4.0 (日本経済新聞出版)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ロジスティクス4.0 (日本経済新聞出版) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  小野塚征志
    • レーベル:  日本経済新聞出版
    • シリーズ名:  ロジスティクス4.0
    • 発売日:  2019年03月22日
    • 出版社:  日経BP
    • 商品番号:  4916009580001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ■ヤマト運輸での労働問題発覚以降、「物流危機」はホットトピックになっている。実際、トラックドライバーの高齢化や倉庫作業員の不足は顕著であり、「経済の血脈」である物流がいつ止まってもおかしくない状況にある。

    一方で、宅配ロボットやドローンといった先進技術の活用も徐々に広がりつつある。Amazonのように、倉庫作業のロボティクス化やAIによる需要予測といった先駆的な取り組みを進めることで、競争力の更なる向上を実現している企業も存在する。


    ■これら、足元での労働環境の悪化やAmazonをはじめとする先進プレイヤーの動向といったミクロな事実を紹介する書籍や記事は増えてきたが、「物流の未来」がどのようなものであるかや、経営・経済においてどのような役割を果たすようになるのかまでを見通したものはない。

    本書は、ロジスティクスの最先端動向に精通し、コンサルティング、セミナーなどで活躍する著者が、技術革新の先にある物流ビジネスの「破壊と創造」を解説するものである。省人化・標準化が進むことで、サプライチェーン全体の最適化に向けたオープンプラットフォームが生まれつつあること、コト売りへの転換を果たそうとするメーカーがシェアリングビジネスに進出していることなど、技術・インフラ・サービスの進化の方向性を明らかにしている。物流会社だけではなく、荷主やメーカーにとってのビジネスチャンスも見つけられる内容である。


    ■「ロジスティクス4.0」は、著者が講演やコンサルティングなどで使ってきた用語だが、その用語や考え方がそのまま「国土交通白書」や「ものづくり白書」で用いられるなど、一般用語化している。

あなたも好きかもしれません

ロジスティクス4.0 (日本経済新聞出版) by 石川和幸 ダウンロード PDF EPUB F2