最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

P+D BOOKS 父・山口瞳自身 ~息子が語る家族ヒストリー~

  • 77 読みたい
  • 42 現在読んでいるもの

発行元 山口瞳 .

    Download P+D BOOKS 父・山口瞳自身 ~息子が語る家族ヒストリー~ 本 Epub や Pdf 無料, P+D BOOKS 父・山口瞳自身 ~息子が語る家族ヒストリー~, オンラインで書籍をダウンロードする P+D BOOKS 父・山口瞳自身 ~息子が語る家族ヒストリー~ 無料で, 本の無料読書 P+D BOOKS 父・山口瞳自身 ~息子が語る家族ヒストリー~オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 P+D BOOKS 父・山口瞳自身 ~息子が語る家族ヒストリー~ 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  山口正介
    • レーベル:  P+D BOOKS
    • シリーズ名:  P+D BOOKS 父・山口瞳自身 ~息子が語る家族ヒストリー~
    • 発売日:  2020年03月12日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4320000010193
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    山口瞳の実像を長男・正介が初めて描く。


     直木賞受賞作『江分利満氏の優雅な生活』をはじめとする数々の名作小説や、世相を鋭く切り取るエッセイなどを世に送り出した山口瞳。

     その長男・山口正介が、父・山口瞳の作品に向かう姿勢や葛藤、家族との関係などを、これまで作品では絶対に書いてこなかった封印してきたエピソードまですべてを明らかにする。

     一度も休載することなく「週刊新潮」に1614回に亘って連載されたコラム「男性自身」や『江分利満氏』シリーズなどが書かれた背景をはじめ、文壇や学友、終の棲家・国立の人々との交流、女性関係や隣家とのトラブルなどなど、“息子”でなければ書き得ない仰天エピソードが満載。

     小学館から配信されている『山口瞳電子全集』(全26巻)の各巻で、回想録「草臥山房通信」として掲載された内容を大幅に加筆・修正した。

あなたも好きかもしれません

P+D BOOKS 父・山口瞳自身 ~息子が語る家族ヒストリー~ (P+D BOOKS) by 山口瞳 ダウンロード PDF EPUB F2