最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

インド独立の志士「朝子」

  • 34 読みたい
  • 31 現在読んでいるもの

発行元 笠井亮平 .

    Download インド独立の志士「朝子」 本 Epub や Pdf 無料, インド独立の志士「朝子」, オンラインで書籍をダウンロードする インド独立の志士「朝子」 無料で, 本の無料読書 インド独立の志士「朝子」オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 インド独立の志士「朝子」 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  笠井亮平
    • シリーズ名:  インド独立の志士「朝子」
    • 発売日:  2018年03月09日
    • 出版社:  白水社
    • 商品番号:  4915042320001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    アシャ(日本名「朝子」)という女性のことを知る者はそう多くないだろう。アシャは1928年、神戸を拠点にインド独立運動を展開していた父サハーイと母サティの間に長女として生まれた。サハーイは、日本におけるインド独立運動のなかでは「中村屋のボース」ことR・B・ボースに次ぐ存在で、「自由インド仮政府」の閣僚を務めた人物でもある。

    神戸の小学校を卒業後、昭和高女(昭和女子大学の前身)在学中に来日したチャンドラ・ボースに感化されてインド独立運動に身を捧げることを誓ったアシャは、インド国民軍(INA)に入隊することを決意。1945年5月、バンコクにあったINA婦人部隊に配属されるも、日本の敗戦により活動は終了してしまう。その翌年、シンガポールで父と合流したのち、アシャは生まれて初めて祖国インドの地を踏んだーー。

    本書は、本人と関係者へのインタビューのほか、未公開の日記や回顧録など貴重な資料を駆使し、一独立運動家の目で見た戦前・戦後の日印関係を再構成。日本で生まれ育ち、若くしてインド独立運動に身を投じたアシャとその家族の数奇な運命を通して、気鋭の研究者が日印関係史に新たな視角をもたらした傑作である。

あなたも好きかもしれません

インド独立の志士「朝子」 by 笠井亮平 ダウンロード PDF EPUB F2