最後に編集されたのは 管理者
14.12.2020 | 歴史

静おばあちゃんと要介護探偵 (文春e-book)

  • 89 読みたい
  • 17 現在読んでいるもの

発行元 中山七里 .

    Download 静おばあちゃんと要介護探偵 (文春e-book) 本 Epub や Pdf 無料, 静おばあちゃんと要介護探偵 (文春e-book), オンラインで書籍をダウンロードする 静おばあちゃんと要介護探偵 (文春e-book) 無料で, 本の無料読書 静おばあちゃんと要介護探偵 (文春e-book)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 静おばあちゃんと要介護探偵 (文春e-book) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  中山七里
    • レーベル:  文春e-book
    • シリーズ名:  静おばあちゃんシリーズ
    • 発売日:  2020年10月12日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000005959
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    元裁判官で80歳を超えた今も信望が厚い高円寺静と、中部経済界の重鎮にして車椅子の“暴走老人”香月玄太郎の老老コンビが難事件を解決する、人気シリーズ第2弾。

    今回は舞台を東京に移し、玄太郎ががんを患った状況下で5つの事件に挑む。(静は『テミスの剣』と『静おばあちゃんにおまかせ』に、玄太郎は『さよならドビュッシー』(宝島社)に登場する中山七里ファンにはおなじみのキャラクター。)


    健康診断のため病院を訪れた静は、がんが発覚し治療を受けに来ていた玄太郎と再会する。しかし玄太郎の主治医に医療過誤、あるいは故意に患者を死なせた疑いが。静と玄太郎は、遺族と面会して真相を探る(「もの言えぬ証人」)。


    構造計算書偽造の疑いをかけられ、国会の証人喚問を予定されていた建築士が歩道橋から転落死した。その建築士は、施工主から偽造を指示されたと証言していた(「像は忘れない」)。


    元警察官の高齢男性が、車を暴走させてコンビニに突っ込み、本人が死亡した。よくある高齢者の運転ミスとみられたが、男の息子が特殊詐欺の受け子として服役していたことから、玄太郎と静は調べを始める(「鉄の棺」)。


    ほかに、「葬儀を終えて」「復讐の女神」の全5編収録。

    (タイトルはすべてアガサ・クリスティー作品へのオマージュ)

あなたも好きかもしれません

銀齢探偵社 静おばあちゃんと要介護探偵2 (文春e-book) by 中山七里 ダウンロード PDF EPUB F2