最後に編集されたのは 管理者
22.11.2020 | 歴史

ひと言のちがい2 それでいいんだよ 心と心を合わせる108の話 (PHP文庫)

  • 33 読みたい
  • 89 現在読んでいるもの

発行元 金平敬之助 .

    Download ひと言のちがい2 それでいいんだよ 心と心を合わせる108の話 (PHP文庫) 本 Epub や Pdf 無料, ひと言のちがい2 それでいいんだよ 心と心を合わせる108の話 (PHP文庫), オンラインで書籍をダウンロードする ひと言のちがい2 それでいいんだよ 心と心を合わせる108の話 (PHP文庫) 無料で, 本の無料読書 ひと言のちがい2 それでいいんだよ 心と心を合わせる108の話 (PHP文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ひと言のちがい2 それでいいんだよ 心と心を合わせる108の話 (PHP文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  金平敬之助
    • レーベル:  PHP文庫
    • 発売日:  2014年04月18日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000000483
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    人は何気ない「ひと言」で救われる事もあれば、心ない「ひと言」で傷つく事もある。言葉には、たった「ひと言」で相手の心を和ませたり、不安にさせたりする不思議な魔力がある。本書は、長年、生命保険の営業リーダーを務めてきた著者が、「ひと言のちがい」で、受け手の印象がどれほど変わるかを紹介したコラム集。たとえば「今夜の夕食は何がいい」と奥さんから聞かれて、「何でもいいよ」と返すひと言と、「好物の肉じゃががいいな」と答えるひと言では、どちらが喜ばれるだろうか。また、小さな子供を保育園に送り迎えしている社員に対して、「昨日は帰りが遅かったけど、保育園は間に合った?」と、声をかけてあげれば、相手はどれほど喜ぶだろうか。最近、奥さんや部下に思いやりある「ひと言」をかけた記憶がないというあなた。ぜひこの本を手にとって、周りの人に優しさに満ちた「ひと言」をかけてみてください。きっとあなた自身が変わりますよ。

あなたも好きかもしれません

それでいいんだよ 心と心を合わせる108の話 (PHP文庫) by 金平敬之助 ダウンロード PDF EPUB F2