最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

池魚の殃 鬼籍通覧 (講談社文庫)

  • 33 読みたい
  • 18 現在読んでいるもの

発行元 椹野道流 .

    Download 池魚の殃 鬼籍通覧 (講談社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 池魚の殃 鬼籍通覧 (講談社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 池魚の殃 鬼籍通覧 (講談社文庫) 無料で, 本の無料読書 池魚の殃 鬼籍通覧 (講談社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 池魚の殃 鬼籍通覧 (講談社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  椹野道流
    • レーベル:  講談社文庫
    • シリーズ名:  鬼籍通覧
    • 発売日:  2020年02月14日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000066843
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    O医大法医学教室の大学院生・伊月崇と指導教官の伏野ミチルは、何者かによって拉致監禁された。現場にはミイラ化した腕が残されていたのだが……。誰が何の目的で監禁したのか。ミイラは誰の腕なのか? 魅力的なキャラクターとリアルな医学知識で描く、法医学教室のメディカルミステリー。

あなたも好きかもしれません

池魚の殃 鬼籍通覧 (講談社文庫) by 椹野道流 ダウンロード PDF EPUB F2

シリーズの中で一番好きです。初っぱなから伊月が事件に巻き込まれていてどうなるんだろうとハラハラしました。生きてると色々な事がありますが、仕事柄なのかミチルが背負うものが重くて可哀想になります。普段はそれを見せない姿勢なだけに。登場人物全員好きですが、ミチルが一番好きです。
新作楽しみにしてます~。