最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

うちの旦那が甘ちゃんで9 (講談社文庫)

  • 44 読みたい
  • 82 現在読んでいるもの

発行元 神楽坂淳 .

    Download うちの旦那が甘ちゃんで9 (講談社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, うちの旦那が甘ちゃんで9 (講談社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする うちの旦那が甘ちゃんで9 (講談社文庫) 無料で, 本の無料読書 うちの旦那が甘ちゃんで9 (講談社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 うちの旦那が甘ちゃんで9 (講談社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  神楽坂淳
    • レーベル:  講談社文庫
    • シリーズ名:  うちの旦那が甘ちゃんで
    • 発売日:  2020年12月15日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000132711
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    船強盗が横行しているという話が持ち上がった。遊山船を専門に狙う強盗である。遊山船というのは、芸者や遊女を乗せて「座敷を まるごと船に積み込んで川を下る」と言う贅沢な船である。乗っているのは金持ちが多いから結構な稼ぎになる。おまけに川を使って逃げてしまうので追いかけようがない。また、遊女を乗せているとなると岡場所扱いになるから奉行所に届けることもできない。盗賊からするとやりたい放題である。しかも奉行所には遊山船を守れない事情があった。遊山船は吉原の商売敵である。吉原の利権を守る立場の幕府としては遊山船を守ることができないのだった。そこで町奉行筒井は、月也に捜査を命じる。 遊山船に沙耶と月也が芸者一行として潜入して、犯人を捕まえることに。そして、音吉、牡丹、沙耶、おりん、おたまに加え、鰻屋のさきも加えて「音吉芸者組」として船に乗り込むことになった。やがて、船に乗り込んできた盗賊団と対決することに……。

あなたも好きかもしれません

うちの旦那が甘ちゃんで9 (講談社文庫) by 神楽坂淳 ダウンロード PDF EPUB F2