最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

イベントドリブントレード入門 価格変動の要因分析から導く出口戦略

  • 35 読みたい
  • 31 現在読んでいるもの

発行元 みきまるファンド .

    Download イベントドリブントレード入門 価格変動の要因分析から導く出口戦略 本 Epub や Pdf 無料, イベントドリブントレード入門 価格変動の要因分析から導く出口戦略, オンラインで書籍をダウンロードする イベントドリブントレード入門 価格変動の要因分析から導く出口戦略 無料で, 本の無料読書 イベントドリブントレード入門 価格変動の要因分析から導く出口戦略オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 イベントドリブントレード入門 価格変動の要因分析から導く出口戦略 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  羽根英樹
    • シリーズ名:  現代の錬金術師シリーズ
    • 発売日:  2019年02月17日
    • 出版社:  パンローリング株式会社
    • 商品番号:  5114775991664
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「価格を動かす正体が分かっているものに対して、その現象を利用し利益を上げようとする手法」


    それが本書のイベントドリブンの定義だ。相場を動かす理由の数だけチャンスがある。その中から価格変動の理由が明確なものに絞ってトレードをする。例えば、M&A、TOB・MBO・公募増資・立会外分売・株主優待などの企業活動。その他にも、不祥事・事件事故・震災やスポーツ大会など、対象は多岐にわたる。

    すべてのイベントをトレード対象にすることは好ましいことではない。本書では、それぞれのイベンントの特徴をまとめ、検証結果をまとめた。ぜひ、参考にして欲しい。


    イベントを利用したトレードは、一部を除いてトレードスパンが決まっている。そのため、資金管理・ポジション管理が容易だ。「イベント終了=手仕舞い」と出口戦略がはっきりしており、これがトレード戦略の構築を容易にしている。デイトレード・スキャルピングと違い、細かいタイミングを計る必要もない。時間にゆとりを持ち、サラリーマンでも十分に実践できる。


    本戦略は、上げ相場下げ相場に左右されにくい「全天候型のトレード手法」だ。地味だが、毎年毎年こつこつと利益を上げていくタイプの手法になっている。手っ取り早く儲けたい人には本書は向かない。堅実思考の戦略だ。


    本書で紹介している戦略の多くは、「需給の歪みを利益の源泉」としている。需給という尺度で売買を考えなければならない。需要と供給のバランスが崩れたときが利益を上げるチャンスだ。例えば「必ず買わなければならない。売らなければならない」、こんな状態の投資家がいれば、当然需給は崩れる。インデックスファンドが行うリバランスの売買が一例だ。これを利用して有利なトレードができる。利益の源泉がはっきりしている好事例だ。詳しくは本文中で解説している。


    株式市場独自のルール・慣習・制度や売買主体の違い、そういったものが需給の歪み、あるいは需給の変化を生み出し、それがトレードの利益の源泉になる。背景には株価を動かす法人・個人が必ず存在する。そして、世の中の多くの投資家は、ファンダ派、テクニカル派と呼ばれるようにこのどちらかで(あるいは両方で)売買の基準を判断している。多くの投資家が何を売買判断に使っているのかを知ることは、需給の変化を捉えるには大事なことだ。くどいようだが「需給」がキーワードだ。


    本書の楽しみはイベント探しと検証にある。それは金鉱探しに似たものだ。みんなで将来のキャッシュを掘り当てよう!

あなたも好きかもしれません

イベントドリブントレード入門 価格変動の要因分析から導く出口戦略 by みきまるファンド ダウンロード PDF EPUB F2