最後に編集されたのは 管理者
02.12.2020 | 歴史

無月ノ橋 居眠り磐音(十一)決定版 (文春文庫)

  • 57 読みたい
  • 62 現在読んでいるもの

発行元 佐伯泰英 .

    Download 無月ノ橋 居眠り磐音(十一)決定版 (文春文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 無月ノ橋 居眠り磐音(十一)決定版 (文春文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 無月ノ橋 居眠り磐音(十一)決定版 (文春文庫) 無料で, 本の無料読書 無月ノ橋 居眠り磐音(十一)決定版 (文春文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 無月ノ橋 居眠り磐音(十一)決定版 (文春文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  佐伯泰英
    • レーベル:  文春文庫
    • シリーズ名:  居眠り磐音
    • 発売日:  2021年04月06日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000006072
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    大身旗本の狂気が磐音を襲う!


    秋風が吹き始めた江戸。

    磐音は研ぎに出していた備前包平を受け取りに、研ぎ師・鵜飼百助の屋敷を訪ねます。


    そこには、徳川家に不吉をもたらすとされる妖刀・勢州村正を正宗と改鑿して持ち込もうとする大身旗本用心の姿が。


    磐音がその場をおさめますが、ことはそれだけではすみません。


    これも妖刀に因るものなのか、磐音はまたもや騒動へと巻き込まれ、やがて、笹塚孫一の命をも脅かす事態に発展します。


    一方、吉原では、花魁・白鶴太夫となった奈緒の身辺に不穏な事態が。


    磐音は大切なひとを守るため、剣をふるうことに……。

あなたも好きかもしれません

無月ノ橋 居眠り磐音(十一)決定版 (文春文庫) by 佐伯泰英 ダウンロード PDF EPUB F2