最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

[新訳]南洲翁遺訓 西郷隆盛が遺した「敬天愛人」の教え

  • 46 読みたい
  • 67 現在読んでいるもの

発行元 西郷 隆盛 .

    Download [新訳]南洲翁遺訓 西郷隆盛が遺した「敬天愛人」の教え 本 Epub や Pdf 無料, [新訳]南洲翁遺訓 西郷隆盛が遺した「敬天愛人」の教え, オンラインで書籍をダウンロードする [新訳]南洲翁遺訓 西郷隆盛が遺した「敬天愛人」の教え 無料で, 本の無料読書 [新訳]南洲翁遺訓 西郷隆盛が遺した「敬天愛人」の教えオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 [新訳]南洲翁遺訓 西郷隆盛が遺した「敬天愛人」の教え 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 訳者:  松浦光修
    • 発売日:  2014年08月15日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000004211
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    現在も多くのリーダーが「最も尊敬する人物」として挙げる西郷隆盛の考えを知ることができる『南洲翁遺訓』。同書を編纂した荘内藩は、江戸市中取り締まりの任にあった際、江戸薩摩藩邸を焼き討ちにした経緯もあり、報復処分を覚悟していた。しかし、維新後、同藩に対して武士道に則った寛大な処置がとられ、それが後に、西郷隆盛の内示だったことを知り、感銘を受けたという。その対応に尊敬の念を深め、荘内藩有志によってまとめられた『南洲翁遺訓』は、著書を残さなかった西郷隆盛、唯一の「著書」ともいえる。本書は、41項目と追加2項目の43項目からなることばを、テーマごとにまとめ、インタビュー風のわかりやすい現代語訳と、西郷隆盛を理解する上でかかせない歴史事実や重大事件について解説を加えた。天を敬い、人を愛した西郷が残した珠玉のことばは、混迷の時代のいまこそ読んでおきたい。

あなたも好きかもしれません

[新訳]南洲翁遺訓 西郷隆盛が遺した「敬天愛人」の教え by 西郷 隆盛 ダウンロード PDF EPUB F2

この本は、西郷隆盛が、人のあるべき姿や愛や誠について語った本になっていますね。
西郷隆盛が書いた本というのは、実際には、一つもないようですが、伝承という形で、あるものをまとめた本がこの本になっていますね。
西郷隆盛が多くの人に愛されたのは、仁徳と愛情がとてもあふれた人であったからだと思いますね。
時代を超えて、西郷隆盛と話しているような本になっているので、とても面白い本になっていると思いますね。
ただ、上野の西郷象には、一緒に犬があるように、西郷さんは、犬をとても愛したことで、有名ですね。
もしかすると、西郷さんを本当に理解し、癒したのは、人間ではなく、愛犬だけだったのかもしれませんね。また、他人の悪口が言えず、ストレスが、よく食べていたというので、やはり、人間は、どこかで、他人の悪口を言える親友を持っていないと、ダメな気がしますね。
まあ、いろんな突っ込みが入る本にはなっていますが、とても西郷さんを知る上で、とても面白い本になっていますね。
最後に、電子書籍化してくれて、助かりました。感謝しています。