最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

なっとく!ディープラーニング

  • 19 読みたい
  • 91 現在読んでいるもの

発行元 小島一也 .

    Download なっとく!ディープラーニング 本 Epub や Pdf 無料, なっとく!ディープラーニング, オンラインで書籍をダウンロードする なっとく!ディープラーニング 無料で, 本の無料読書 なっとく!ディープラーニングオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 なっとく!ディープラーニング 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  AndrewW.Trask, 株式会社クイープ
    • 訳者:  株式会社クイープ
    • 発売日:  2020年03月16日
    • 出版社:  翔泳社
    • 商品番号:  9784798166247
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    機械に学習させる調教師への道


    【本書の内容】

    本書は

    Andrew W. Trask, Grokking Deep Learning,

    Manning Publications 2019

    の邦訳版です。


    本書は「機械が学習する」というテーマのもと、

    その根幹を成す「ディープラーニング」という手法を平易に解説した書籍です。


    一般に「ディープラーニング」というと、その背景となる数学的厳密性を全面に押し出し、

    微に入り細に入る解説が仇となって、面白くなるとばぐちでリタイアすることになりがちです。

    本書は数学的厳密性はそこそこに、むしろディープラーニングの全体像を俯瞰し、

    ディープラーニングがカバーする範囲とその構築方法、

    そしてそのための基礎知識をイメージしてもらえるように工夫しています。


    Webアプリケーションを開発する際に、フレームワークによってインフラを意識することなく

    サービスを構築できるようなスタイル、と言えばいいでしょうか。


    なにはともあれ、最初に提示されるPythonコードを「暗記」してみてください。

    それを拡張することで、機械に学習させる「調教師」になれることが分かるはずです。


    【本書のポイント】

    ・数式を使った基礎理論ではなく「扱える」ディープラーニングを学べる

    ・線形代数、微積分、凸最適化はもちろん、機械学習の知識も前提としない

    ・ニューラルネットワークの基礎から上位層やアーキテクチャを学べる

    ・Python 3.x系で実際に試せる


    【読者が得られること】

    ・ディープラーニングの全体像

    ・ニューラルネットワークの基礎

    ・学習精度の上げ方


    ※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。

    ※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。

    ※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。

    ※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

あなたも好きかもしれません

なっとく!ディープラーニング by 小島一也 ダウンロード PDF EPUB F2