最後に編集されたのは 管理者
18.11.2020 | 歴史

ニッポン貧困最前線 ケースワーカーと呼ばれる人々 (文春文庫)

  • 42 読みたい
  • 42 現在読んでいるもの

発行元 碇井伸吾 .

    Download ニッポン貧困最前線 ケースワーカーと呼ばれる人々 (文春文庫) 本 Epub や Pdf 無料, ニッポン貧困最前線 ケースワーカーと呼ばれる人々 (文春文庫), オンラインで書籍をダウンロードする ニッポン貧困最前線 ケースワーカーと呼ばれる人々 (文春文庫) 無料で, 本の無料読書 ニッポン貧困最前線 ケースワーカーと呼ばれる人々 (文春文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ニッポン貧困最前線 ケースワーカーと呼ばれる人々 (文春文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  久田 恵
    • レーベル:  文春文庫
    • 発売日:  2014年05月28日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000000935
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    格差社会と言われる前から、低く深いところで「見えない貧困」は渦巻いていた。生活保護の第一線に立つのは、地方自治体のケースワーカーだ。政府からは予算を削られ、マスコミには不正受給/不適切な対応と叩かれる狭間で、彼らは貧困層とじかに向き合ってきた。都内のK福祉事務所、札幌の母親餓死事件の真相、炭坑閉山から親子代々の受給も目立つ福岡・田川のケース。矛盾を抱えながら、必死に制度を機能させてきたケースワーカーの生々しい現場を紹介する。

あなたも好きかもしれません

ニッポン貧困最前線 ケースワーカーと呼ばれる人々 (文春文庫) by 碇井伸吾 ダウンロード PDF EPUB F2