最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

六番目の小夜子(新潮文庫)

  • 90 読みたい
  • 43 現在読んでいるもの

発行元 恩田 陸 .

    Download 六番目の小夜子(新潮文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 六番目の小夜子(新潮文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 六番目の小夜子(新潮文庫) 無料で, 本の無料読書 六番目の小夜子(新潮文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 六番目の小夜子(新潮文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  恩田陸
    • レーベル:  新潮文庫
    • 発売日:  2015年05月22日
    • 出版社:  新潮社
    • 商品番号:  4340008021681
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    津村沙世子ーーとある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年だった。学園生活、友情、恋愛。やがては失われる青春の輝きを美しい水晶に封じ込め、漆黒の恐怖で包みこんだ、伝説のデビュー作。

あなたも好きかもしれません

六番目の小夜子(新潮文庫) (新潮文庫) by 恩田 陸 ダウンロード PDF EPUB F2

ドラマ化作品(2000年)が懐かしい。非常に出来の良い映像化作品で、かなり以前のものですが今でも印象に残ってます。まさにミステリアスな美少女であった十代半ばの栗山千明が演じた津村沙世子が実にハマっていて、この原作を読んでいてもまるでアテ書きと思えるくらいドラマの彼女のイメージをダブらせて読んでしまうくらい。(この原作品は著者のデビュー作。デビュー時の新潮文庫FN版とその後に加筆されたこの新潮文庫版の二種があります)。この物語の良さは学校生活の日常が会話ともに丹念に描かれていることで、もう戻れない時代への郷愁に浸りながら読んでしまいます。このへんはすごくうまい作家で、学校を舞台にした作品はみなそう。
本格ミステリーファンやファンタジーの世界感にも整合性を求める向きには、すっきりした結末ではないと思います。特に沙世子の性格設定、行動・動機に首をひねるし、他の人物も含め、どうして、何故?という思いには一切説明や回答が得られない。細かくみていくと破綻していると思える部分もありますが好きな作品です。ファンタジー、ホラー、ミステリーどれにもカテゴライズできない、雰囲気を楽しむ作品。